牧師 坂口将人

新年あけましておめでとうございます。 新しい年が皆様にとって、祝福のあふれる良き年でありますように、心よりお祈り申し上げます。
昨年は新型コロナウィルスの問題により、想像もしなかったような大変な年となりました。今なお終息せず、非常に心を痛めております。この状況の中で、神様がこの地を顧みてくださり、早くこの問題が解決し、痛みや悲しみを覚えている方々に、神様にある回復が与えられるように、お祈りしております。 新年のご挨拶として次の聖書のことばを選ばせて頂きました。

「新しい歌を主に歌え。主は奇しいみわざを行われた。主の右の御手 聖なる御腕が主に勝利をもたらしたのだ。」 詩篇98篇1節

この詩篇の背景になっているのは、神様の御心に反する生き方をしたイスラエルの人々が、他国との戦争に負け、国を失い、他国に強制移住させられましたが、70年後、その囚われの地から、かつての自分たちの国に帰還できたことです。それは神様による奇跡的なみわざでした。「みんなで新しい歌を歌おう。神様が素晴らしいことをしてくださったから、心を新たにして喜びの歌を歌おう!! 神様は私たちと共におられ、私たちを見捨てることはない。長く大きな試練があっても、恵みと真実により勝利を与えて下さる。」 と、主の勝利を感謝し、新たな出発をする喜びの歌なのです。それでは聖書において、新たな出発とはどのようなことを意味するでしょうか?

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」 コリント人への手紙第二5章17節(抜粋)

イエス・キリストを信じることで、人は死や滅びから解放され、キリストにある永遠のいのち、死に勝利する希望を受けとることができます。また、キリストを通して、私たちの心や思いは日々新たに造りかえられていきます。
今、確かに私たちは多くの問題を経験していますが、神様によって、この世界は回復の時、勝利の時が与えられると信じます。このような状況だからこそ、心を新たにし、試練に打ち勝つという希望をもって、新しい歌を賛美できればと願っています。
この新しい年が、この試練から早く解放され、希望にあふれ喜びに満たされた年となりますように、心よりお祈り申し上げます。