biblemessage

 一麦西宮教会へ集われている皆さまへ 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一麦西宮教会ではソーシャルディスタンスを確保するなどの対策を実施し会堂に集いつつ、礼拝・祈祷会についてはYouTubeを用いた配信を併せて行います。

聖日礼拝の配信を、10月25日(日)午前10時30分より行います
祈祷会の配信を、10月28日(水)午後7時30分より行います

視聴するにはここをクリック


  

  

★ 希望のダイヤル・その他のメッセージ ★
希望のダイヤルメッセージはここをクリック

  

  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年10月(Oct) 

「キリストの打ち傷のゆえに癒やされた。」 

 10月になりました。 皆様、いかがお過ごしでしょうか?
 今年は、新型コロナウィルスの問題、自然災害の問題等により、日本だけでなく世界が苦しんでいます。また、個人的にも大きな痛み、苦しみを抱えられた方もおられると思います。
 この問題の多い状況の中で、新しく選ばれた総理大臣が、日本を正しく導けるように心からお祈りいたします。

 先日、セラピードッグのチロリという犬の話しを聞きました。ドッグセラピーとは高齢者や障がいを持つ方が、動物に触れあうことでその機能を回復する治療のことですが、そのための訓練をうけた犬がセラピードッグです。
 チロリは後ろ足に障害がありました。また、虐待され、捨てられた犬でした。処分されるところを、新しい飼い主がチロリを引き取り、愛情を持って育てセラピードッグとして訓練しました。そして、チロリは多くの人に寄り添い、慰め、機能回復の手助けをしました。痛みを知る犬が癒されたゆえに、多くの人を癒やし、励ますことができたのでしょう。
 聖書はイエス様についてこのように書いてあります。

  

  
 「まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みを担った。」
 「キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるため。その打ち傷のゆえに、あなたがたは癒やされた。」 (聖書)

  

  
 イエス様はご自身が十字架にかかることで、私たちの痛みを担ってくださいました。イエス様が十字架で傷を負ってくださったゆえに、私たちは癒やされました。罪の結果である死から解放してくださり、信じる者に永遠のいのちを与えてくださいました。イエス様は十字架に架けられただけでなく、その死から復活されたことで、希望を与えてくださいます。

 この世界は今、苦しみを経験していますが、イエス様を通して回復が与えられます。このお方は、人としてこの世に来られ、人の痛み、苦しみを知ってくださったため、真の意味で私達を救うことができます。このお方は私達と共にいて、いつも慰めと励ましを与え続けてくださいます。
どうか、皆様がこの痛みのある世界の中で、イエス様と共に歩み、癒やしと慰めを受け取っていただけますようお祈りしております。

牧師 坂口 将人