biblemessage

 2016年9月(September) 愛は、すべてを期待します。 

こんにちは。お元気ですか?子どもたちは、夏休みも終わり、2学期が始まりましたね。
 混沌としたこの世の中、天変地異、人間同士も殺伐とし、何が起こってもおかしくない日々。あなたが、心の奥底で本当に求めているもの、時代が移り変わっても変わらないもの、揺るがないものは、何でしょう。聖書は言います。
“いつまでも残るのは、信仰と希望と愛。その中で一番すぐれているものは愛。”
 「愛」ということばは、世の中にあまりにもあふれており、安易に安っぽくなっているように思えるときがありませんか。
 天地創造なる唯一の神のことばである聖書は、言います。
“愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。”
今年6月、天の御国に住まいを移された女性の暗唱聖句のひとつでもあります。また、「私はこのみことばを暗唱してから、人と会うようにしている。」と言われる方もあり、「みことば(神の言葉、聖書)に生きる。みことばを実行する。」とは、まさにこの姿であり、日々の言動の指針、揺るがない土台です。
どんなに時代が変わっても、人間関係は一番の悩みであり、親しくても、親しくなくても、心を騒がせたり、いらいらさせたり、落ち込んだりさせるものですね。夫婦関係、親子関係、兄弟関係、友人、学校、職場、取引先、お隣ご近所、地域の人々・・・。
 このみことばの「愛」に、あなたの名前を入れて読んでみましょう。いかがですか?あなたの心の中が照らし出されませんか?あなたの罪が、明らかにされませんか?
“私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子(イエス・キリスト)を遣わされました。ここに愛があるのです。”
 人は、「愛」を製造することも、貯蔵することもできません。決して揺るがない確かな神さまの、イエス様のみことばを暗唱し、実践したいものです。あなたの隣に置かれた、子供、大人、一人一人に、期待して!!
“わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。”
“キリストはその人のためにも死んでくださったのです。”

 牧師 土田典子