biblemessage

 ~教会は西宮市久保町1-11に一時移転しております。~

 ~詳細は アクセス/西宮チャペル をご覧ください。~ 

 ~サンセットサービスはいたしておりません。~ 

2018年9月(Sep) 

「罪なき者、まず先に石を投げよ。」 

 こんにちは!お元気ですか?夏休みも終わり、子どもたちはぐーんと大きく成長し、2学期を迎えました!残暑の厳しい9月も、快食、快眠、快便(快勉)で乗り切りましょう!
 
 いつだったかきみたちが 空をとんでゆくのを見たよ
 風に吹かれて ただひとつのものを持って
 旅する姿が うれしくてならなかったよ
 人間だって どうしてもひつようなものは
 ただひとつ
 私も 余分なものを捨てれば 
 空が飛べるような気がしたよ  「たんぽぽ~星野富弘」
 

 「どうしても必要なもの」とは、何でしょう?
 あるとき、イエスが神殿で話しておられると、姦淫の現場で捕えられた女が連れて来られました。「律法では、こういう女は石打(石を投げて殺す刑)にするように命じている。あなたは?」とイエスを試そうとする者たちが問い続けます。イエスは、指で地面に何か書いておられましたが、身を起こして言われました。
“あなたがたの中で罪のない者が、まずこの人に石を投げなさい。”
 イエスは、再び身をかがめて、地面に何かを書き続けられた。(イエスさまの視線の優しさを覚えてください)彼らはそれを聞くと、年長者から始まり、一人、また一人と去って行った。
“イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは決して罪を犯してはなりません。」”
もし、あなたがこの現場におられたら、どうなさるでしょう?実際に石を投げる事はしなくても、心の中ではどうでしょうか?
イエスさまは言われます。“さばいてはいけません。…あなたは、兄弟の目にあるちりは見えるのに、自分の目にある梁には、なぜ気がつかないのですか。”
 でも、こんな姦淫のような罪は犯していない、と言われるかもしれません。
“内側から、すなわち人の心の中から、悪い考えが出て来ます。淫らな行い、盗み、殺人、姦淫、貪欲、悪行、欺き、好色、ねたみ、ののしり、高慢、愚かさで、これらの悪は、みな内側から出て来て、人を汚すのです。”
 誰にも知られていないし、自分も罪とも思っていないあなたの心の奥底にひそむ罪が、あなた自身を縛り重い心にし、また隣人、周囲の人を傷つけていくのではないでしょうか。その罪を十字架のイエスさまに持っていきましょう。
そして、このイエスさまと共にある毎日を、軽々と飛び立っていきませんか!!
“父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。“ 
“御子イエスの血がすべての罪から私たちをきよめてくださいます。”
 

牧師 土田典子