biblemessage

2017年10月(Oct) 「世界で一番難しい算数は?」 

 こんにちは、お元気ですか!「天高く馬肥ゆる秋」です。暑い夏を乗り越えた身体に、秋の味覚が食欲をそそります。虫の音を聞きながら、秋の夜長を読書しながら過ごす・・・というように、季節が巡るたびに、日本の懐かしい風情に思いを馳せることが出来るのは、感謝なことです。だんだんとそんな情景はなくなりつつあるのでしょうか?
 世界中の情報が、一瞬にして洪水のように一人ひとりに届いている今日、実際に体験も経験もしていないようなことが、日常生活の中に入り込む時代。何が嘘で何が本当か、真実か判断できない状況のなかで、私たちの心はどのようでしょうか?
 恐れに縛られ、不安心配にかられ、動揺し慌てふためき、情報知識はいっぱいあるのに孤独、一人ぽっち、疎外感、自分を見ても他人を見ても、前も後ろも、右も左も八方ふさがりのよう。しかし、天は、いつも開いています!!
天地創造の主、天地とその中の一切を造られた主、私たちをご自身のかたちとして創造された神さまは、言われます。

“主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。”  (聖書)

私たちは、否定的なこと、良くないことはすぐに思い出し、いつまでも心に残ります。そうではなく、良くしてくださったこと、感謝を一つずつ、思い出し、数えてみましょう。
“主はあなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、あなたのいのちを穴(死)から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、鷲のように、新しくなる。”  (聖書)
~望みも消え行くまでに 世の嵐に悩むとき 
数えてみよ主の恵み 汝が心は休きを得ん
数えよ主の恵み 数えよ主の恵み
数えよひとつずつ 数えてみよ主の恵み~(新聖歌172番)
 
教会に掲げられている十字架を見上げてください。神のひとり子イエス・キリストが、あなたの罪を背負い、十字架に架かり血を流し死ぬことにより、あなたの罪が赦される、その十字架です。そして、復活されたイエスさまが、あなたと共に生きてくださるのです。この恵みを、いっぱい数えてください。

牧師 土田 典子